頚椎椎間板ヘルニアは20~50歳位の若い人に多く、急に首の激痛で発症し、片側の肩~手指にまで痛みを伴います。

首の椎間板が損傷、突出して、腕につながる神経を圧迫することが原因です。
激しく痛む時期は、安静第一です。
経過により、保存的に回復する場合と、手術の対象となる場合があります。

 

岩槻にお住いのみなさんへ

首・肩・腰・手足の痛み・スポーツ障害・外傷・交通事故・むちうち など、痛みにお困りの方、井上接骨院にお気軽にご相談ください