『スポーツ外傷』とはスポーツ活動中、一回の大きな力が加わることによって起こる「ケガ」のことです(骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ 等)。

一方、『スポーツ障害』は特定の部位を使いすぎることにより起こる痛み、故障のことで、別名『使い過ぎ症候群』と呼ばれます(テニス肘、野球肘、シンスプリント 等)。

 

岩槻にお住いのみなさんへ

首・肩・腰・手足の痛み・スポーツ障害・外傷・交通事故・むちうち など、痛みにお困りの方、井上接骨院にお気軽にご相談ください