野球やゴルフをする人に多くみられる為、「野球肘」「ゴルフ肘」などと呼ばれますが、どちらも正しくは「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」と言って、腕の使い過ぎにより、肘の内側が痛くなるスポーツ障害です。

運動前後に肘をストレッチしたりアイシングすることで多少予防できますが、それでも痛いときは医療機関で相談しましょう。

 

岩槻にお住いのみなさんへ

首・肩・腰・手足の痛み・スポーツ障害・外傷・交通事故・むちうち など、痛みにお困りの方、井上接骨院にお気軽にご相談ください